SIGMA JOKER ATTACK (A2JD)

● ジョーカーアタック
■ ワンチャンスポーカー
■ 通常、1~40ベット可能。
■ 配られたカードにジョーカーがあると、ジョーカー以外を最高5回まで自動で引き直しする。
■ つまり、トップラインは5ジョーカーとなる。
■ 他のシグマ製ビデオポーカーに比べるとトップラインはの出現率はかなり高い。
■ ジョーカーはダブルジョーカーとワイルドジョーカーがある。
■ 姉妹機種にダブルジョーカーの無い(ワイルドジョーカーのみ)ジョーカーパニックがある。ゲーム内容はほぼ同一。
■ このマシンを初めてプレイした時に思ったのは、「物凄い爆発台だ!」っということだ。とにかくジョーカーがでまくりクレジットが増えつづけた(笑)
■ ここ最近、どの店でも見かけるようになり、相変わらずたまにプレイしている。
■ 現在のシグマ製ポーカーの中でも1~2位を争う人気機種ではないだろうか?(っとは言っても既にシグマ無き今、新型機種は出て来ないが)
■ 最近、とうとう5ジョーカーを完成させたが、配当の低さにガクゼンとした。
■ トップラインはダブルジョーカーの数が配当を左右するということを学んでしまった。ダブルを多く含んだRFの方が高配当である。
【2002年01月くあどら】

カテゴリー: シグマ, データベース, ビデオポーカー パーマリンク

SIGMA JOKER ATTACK (A2JD) への4件のフィードバック

  1. ゲスト のコメント:

    姉妹機のJoker Panicと違いJoker Anythingがないため、Joker1枚では役が確定しない。

  2. 伊藤さん のコメント:

    アドアーズ高槻、一宮ともに健在

  3. ゲスト のコメント:

    これにのみこまれた

  4. ABRIC のコメント:

    2013年 10月14日 ついに5JOKERSが出ました。配当は、BET数×968! 詳しい枚数は、ヒ・ミ・ツ(38720枚)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。